;

事例紹介

トヨタ ピクシススペース ボンネット修理

投稿日:2015年02月11日

DSC00815

トヨタ ピクシススペース ボンネットの凹み修理でご入庫頂きました。
この程度の凹みであれば部品交換ではなく、板金修理が可能です。

まずボンネットの鉄板自体を裏から叩いたり、表から専用の溶接機等を使って平らにしていきます。

DSC00816 - コピー

ここからさらに平らにするためにパテを塗って削って平らにして、下地塗装を塗ってからボディ色を塗装します。
作業工程が多いので今回は省きます。

塗装中にはどうしても空気中に飛んでいるホコリなどが付着してしまいます。
そのホコリなど目では見にくいようなゴミがなるべく付着しないように日々努力しています。
塗装ブースがあるのもそのためです。
当店ではそのゴミの付着を減らすため外せるものは外し、立てれるものは立てて塗装します。
塗装後はこんな感じです。

DSC00820

ホコリなどのゴミは上から降ってくることが多いので、こうする事によってゴミの量が減るんですね。

塗装が終われば最後に磨き作業を行い完成です。

この度はありがとうございました。

DSC00821

 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
記事一覧へ戻る

Shop Information

シーテック外観

シーテック
兵庫県神戸市北区道場町
塩田92-2 〒651-1502

Tel: 078-985-2700

Fax: 078-985-2701

Map